人気ブログランキング |

フィボナッチ馬券

2015年 07月 20日 ( 2 )


「当たり馬券への道 第3回」

このブログに訪問して頂き、有難うございます。 
今日の船橋1Rを教材に、「当たり馬券への道第3回(?)」を辿ってみたいと思います。
 第1段階は「Rank」項目の「T_Rank」「D_Rank」「RS_Rank」です。「T_Rank」は「勝ち負け」になる馬券です。勿論「1」が良いのですか、このレースの様に「1」が2つある場合には「2」にも注意が必要です。概ね、「Rank」欄は「1」と「2」に注意して下さい。「D_Rank」も「1」に注目です。出来れば、上位人気に出現すれば、「馬連人気薄の単勝人気サイド」で穴馬を演出します。「RS_Rank」は「穴馬志向」の指数です。勿論。「1」が良いようです。この「Rank」欄の「1」は3頭とも馬券になるケースも多々あります。
 この指数をサポートするのが、「Total Judge」欄の「空色(明るい青色)」です。このレースも3着⑧と5着⑦、11着①に付きました。①は馬連シェアが0.6%なので、馬券の可能性は極めて低くなりますので、馬券対象から外します。
 次に、検討する項目は、基本中の基本である「Peak」です。「Peak Rank」は馬連のピークです。「Bar Rank」は複勝のピークになります。馬連ピークを重視しますが、穴馬は複勝ピークからも良く出ますので注意が必要です。
 他の項目を簡単に解説しますと、「L_Shot(激走馬)」は直ぐ下の「B_Spot(馬連ベースの単勝Peakです)」の「1」「2」と重なったときは目を瞑って「単勝」「複勝」勝負です。但し、「B_Spot」の「5」「4」「3」が繋がっていることが条件になります。繋がり具合で「単勝」「複勝」を使い分けます。勿論、多く重なっていれば「単勝」勝負です。先の「Total Judge」欄には、他に「●」と「◎」に注目して下さい。特に「●」はよく馬券になります。単勝の場合が多い様です。「R_Slit」は単勝順に並べてあるこのシートのオッズホールの上位3位までを表示してあります。
 最後に、「単勝」「複勝」「馬連」の人気欄の着色の意味を解説致します。第1着眼点は「複勝」の「薄黄色」ですが、この数字「7(このシートでは)」が、このレースを支配しています。所謂、「Key馬」です。この馬が馬券になることもありますが、寧ろ、この背番号「7」を着けた「馬連」「単勝」が狙い目になります。このレースでは3着になった⑧が該当します。「薄緑色」の「6(このレースでは珍しく「Key馬」より小さい数字になりました)」は「隠れKey馬」です。この「隠れKey馬」が穴馬を演出します。「薄青色」の「8」は大穴馬を演出します。チョット疲れたので、今日は、ここまでにさせて頂きます。
b0201522_22365220.jpg

 「フィボナッチ馬券学」の究極の目的は「少ない馬券」で「馬単」「三連単」をゲットすることです。理想は三連単を3頭のBOXで6通りです。今までに、1回だけ三連単を買ったことがありますが、そのときが上位4~6番人気のBOXでした。現在、「ワイド」は3頭で良い馬券を獲れるようになりました。では、また。 by fineteqint

by fineteqint | 2015-07-20 22:45 | Trackback | Comments(0)

7.19 今日の結果

このブログに訪問して頂き、有難うございます。 
函館11R(函館記念)
b0201522_0315212.jpg

福島11R(バーデンバーデンC)
b0201522_032480.jpg

中京11R(ジュライS)
b0201522_0321325.jpg

  函館記念では大穴馬1頭を推薦出来ましたが、福島、中京の方が成績は良かった感じです。では、また。 by fineteqint

by fineteqint | 2015-07-20 00:36 | Trackback | Comments(0)