フィボナッチ馬券

桜花賞 結果

 このブログに訪問して頂き、有難うございます。 
前々日
 人気馬集中度は修正前79%で補正後での87%で「大荒れ」必至のシートになっています。穴馬候補が多く、⑪(激走馬)、⑭(隠れ穴馬)、⑩(穴馬指数1位)、⑫(隠れ穴馬)と4頭もいます。Waveでは、⑨(4番人気6位)、⑦(8番人気2着)、⑩、⑫、③(18番人気5着)が-0.5~0の範囲にいます。不思議にもZ(ゼロ”0”)が1頭(但し、1番人気は便宜的な”0”)しかいません。衝撃波の高さもあまり高くなく10未満です。リンクは指標馬が⑪で指数馬が①、次指標馬は⑦でした。レース判断「内寄り」「波乱」でした。
b0201522_18202374.jpg


前日午前
 Waveの-1~0 は⑮(10着)、⑩(15番人気8着)、③(17番人気5着)で、Waveの-2~-1 は⑥(1着)、②、④でした。馬券になった①、⑦はWave=0で、この時点では6頭の多数派を構成していました。流石にGⅠらしく、オッズに大きな偏りは見えず、この時点での集中度は修正後111%(修正前101%ですが、出走頭数と衝撃波の大きさで補正しています)でした。リンクは指標馬は⑪で指数馬は①、次指数馬は⑦で、この2頭が馬券になりました。
b0201522_18204935.jpg


前日午後
 当たり馬券に一番近かったシートです。Waveの-1~0が穴馬候補で⑦が該当します。後方人気にも3頭います。⑥は-Wave-2~-1ゾーンですが、この馬は人気馬サイドにいる連対馬候補です。今回のフィボナッチシートの「肝」はWave -1 ~ 0のゾーンにいる馬でした。3着の①、4着の⑬、5着の③が該当します。フィボナッチ馬券の基本は、他の馬と違う動き、ゾーンにいる馬になります。
b0201522_182119100.jpg


前夜(真夜中のフィボナッチ)
 上位人気集中度は100%をチョット超える程度ですので、「荒れる」と「平穏」の端境にあります。18頭立てですので荒れると読んでいますが、穴馬の主役は6番人気~9番人気だと思います。この中から1頭が馬券に絡むのか2頭出るのか、が判断の分かれるところです。レース判断が「内寄り」なのに「見」と出たのは、フィボナッチ馬券学では珍しいことです。オッズ強弱の衝撃波は最終人気近辺にまで及んでおり、大穴馬券の立役者「∞」印の衝撃度「0~-1」は最終4頭~5頭に集中しています。
b0201522_18213363.jpg


当日午前
 1着⑥は上位人気穴馬ですが、連対候補馬です(Waveは-2.4で陰の極でした)。穴馬候補は⑭、⑤、⑯、⑱で惨敗組みでした。Waveの-1~0には、⑦、②、⑤、④になっています。0~1ゾーンには①、⑭、⑫で0ゾーンが⑧、⑮、⑪、⑤、⑯、③でした。上位人気集中度は修正後 112で「荒れない」雰囲気でした。 では、また。by fineteqint
b0201522_18215255.jpg

  

by fineteqint | 2015-04-12 18:24 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fineteqint.exblog.jp/tb/24353078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 4.13 LinkレースとP... 4.12 真夜中のフィボナッ... >>