フィボナッチ馬券

10月7日 競馬研究

 現在、検証中のフィボナッチ穴馬(特に5倍、10倍)とフィナボッチ軸馬(特に1倍、2倍、3倍)と複勝穴馬(複勝シェア>単勝シェアで1.5倍以上、出来れば2倍近くの穴馬が望ましい)が合致すると馬券になります。殆ど馬券なります。ならない場合は、複勝シャアの絶対数が少ないか、1%~3%のシェアの場合です。この場合、とてつもない大穴馬が稀に生まれますが、馬券になるまでに投資資金を失くしてしまいます。ところで、最近気づい穴馬研究に2点程新発見ありました。
①単勝、複勝のシェアが双方20%超の場合には軸馬になる。但し、結構、裏切られます。多分、3番人気までのシェア50%とかフィボナッチ指数で3倍までの範囲に入っているなどの条件が必要かと思います。
②上位単勝人気場の中で始めて複勝シェアが単勝シェアを上回った馬券は軸候補になる。これも、①の条件が後押ししてくれれば、文句なしです。
 昨日、閃いたのですが、単勝シェア、複勝シェアが富士の形にきれいにマッピングできるときには、その中心付近に①着、②着、3着場が配置されているケースが多多あることに気付きました。今までも、結果論では、様々なソーティングを行えば①②③着馬が近付いている事は解っていましたが、結果を見る前に大体の①②③着馬が収斂するのに成功したのは、馬券研究に大きなツールになるような気がしています。
 詳しくは、追って徐々に解明していきます。

# by fineteqint | 2010-10-07 05:16 | Trackback | Comments(0)

10月7日 競馬研究

 現在、検証中のフィボナッチ穴馬(特に5倍、10倍)とフィナボッチ軸馬(特に1倍、2倍、3倍)と複勝穴馬(複勝シェア>単勝シェアで1.5倍以上、出来れば2倍近くの穴馬が望ましい)が合致すると馬券になります。殆ど馬券なります。ならない場合は、複勝シャアの絶対数が少ないか、1%~3%のシェアの場合です。この場合、とてつもない大穴馬が稀に生まれますが、馬券になるまでに投資資金を失くしてしまいます。ところで、最近気づい穴馬研究に2点程新発見ありました。
①単勝、複勝のシェアの双方が20%超の場合には軸馬になる。但し、結構、裏切られます。多分、3番人気までのシェア50%とかフィボナッチ指数で3倍までの範囲に入っているなどの条件が必要かと思います。
②上位単勝人気場の中で始めて複勝シェアが単勝シェアを上回った馬券は軸候補になる。これも、①の条件が後押ししてくれれば、文句なしです。
 昨日、閃いたのですが、単勝シェア、複勝シェアが富士の形にきれいにマッピングできるときには、その中心付近に1着、2着、3着馬が配置されているケースが多々あることに気付きました。今までも、結果論では、様々なソーティングを行えば①②③着馬が近付いてくる事は解っていましたが、レース結果を見る前に大体の①②③着馬が収斂するのに成功したのは、馬券研究に大きなツールになるような気がしています。
 詳しくは、追って徐々に解明していきます。

# by fineteqint | 2010-10-07 05:16 | Trackback | Comments(0)

10月7日

 ウェーデンの王立科学アカデミーは6日、今年のノーベル化学賞を、根岸英一・米パデュー大特別教授(75)、鈴木章・北海道大名誉教授(80)、リチャード・ヘック・米デラウェア大名誉教授(79)に贈ると発表しまた。3人は金属のパラジウムを触媒として、炭素同士を効率よくつなげる画期的な合成法を編み出し、プラスチックや医薬品といった様々な有機化合物の製造を可能にした功績です。
 日本のノーベル賞受賞は17、18人目となる。化学賞は6、7人目。業績は「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング」。薬でも液晶でも、分子の骨格は炭素同士の結合でできている。炭素同士をいかに効率よくつなげるかは有機化学の大きなテーマだ。その方法の一つとして1970年代ごろから注目を集めていたのが、異なる二つの有機化合物の炭素同士をつなぐ「クロスカップリング反応」だった。( ここまで朝日新聞引用)
 ノーベル化学賞の根岸教授によると、口癖のように、「社会に役立てるかが成功のバロメーター」と毎日のように話して居たと言う。日本の技術、ここにあり、を実践して示してくれたような快挙です。心からお祝い申し上げます。私みたいな俄か研究者にとっても、大変喜ばしいことです。おめでとうございます・

# by fineteqint | 2010-10-07 04:48 | Trackback | Comments(0)