チョットだけ競馬を。

<   2012年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧


11.25 京都12R 詳細検証 「第三の山と白銀比」の威力

 単勝1番人気が3.8倍で、C-D型。Bottom、B.B.が中心ですがPeakやUpも無視出来ません。1番人気⑨が18.0%でUp、2番人気⑤が18.8%でPeakですので馬券候補です。他では、10%近似値馬の3番人気⑦、「1つ目の山」で6番人気⑨、「2つ目の山」で馬連売り上げ比率6.4%の⑪、第二白銀比で「3つ目の山」の①が馬券候補になります。加えて、第二白銀比で第一フィボナッチ穴馬の②までを検討します。⑦はB.B.でBottomでは無いので馬券から除外します。⑨はUpなので馬券対象になります。⑪と⑤は同じPeakに配置され、⑪も馬連売上6.4%で穴馬近似値(4着)ですので要注意です。①は第2白銀比でPeak配置。馬券構築は、⑨、⑤、⑪、①と白銀比でUp配置の⑯の5頭になります。偶然、この5頭が上位5頭になりました。上手過ぎた感が否めませんが、飽く迄結果論ですのでご容赦下さい。今回のC-D型の読み方は、人気サイドのPeakに「第三の山」「第二白銀比」でチョット荒れたレースを演出した感じです。
  但し、C-D型から推測して、「?」印で、Bottomに配置された④、⑮、②、⑩が馬券の主力になる可能性もありました。Bottomは他のTourning Point 印にサポートされないことが多いので、このレースの同じ様に④、⑫(第一の山)、②(第二白銀比)はサポートが少ないようです。②は第一フィボナッチ大穴馬でしたが、⑩も⑨の相棒でしたがサポートが少なく、Peak配置馬に比べ馬券構築には弱かったと思います。B.B.の⑦、⑬、③も⑬が第二穴馬フィボナッチである以外には、サポートが無く、馬券に成り難かったと思います。このレースはC-D型でも、青色配置が馬券の中心にならなかった例です。でも、Bottom、B.B.中心で馬券を買ったら目も当てられませんね。掠りもしない「とんでも」馬券になります。PeakとBottomの選択で雲泥の差になります。とは言っても、両方の馬を買うほどの資金も無いので、フィボナッチ馬券は買い目を減らすことに邁進しています。読者の方は、私の穴馬だけを参考にして下さい。穴馬はチョット自信がありますので。凄い自惚れで済みません。反省!反省!基本的には、馬券はPeakが中心でUpが補助です。D-D型でも赤色のPeak配置だけの場合も多々あります。D-Dは荒れる馬券ですが、上位人気のBottomやB.B.配置の馬に人気薄のPeakやUpの馬の場合もありますので注意して下さい。
b0201522_2250219.jpg

  では、また。 by fineteqint

by fineteqint | 2012-11-29 22:56 | Trackback | Comments(0)

フィボナッチ馬券は「宝探し」に似たり

11.25 東京7R
  A-D型ですので、赤2、青1で赤色中心の馬券と判断しました。1番人気◎、2番人気〇にしましたが、両頭とも馬券になりませんでした。
b0201522_1611164.jpg

 フィボナッチ馬券は、「宝さがし」に似ています。探索過程は、「宝さがし」と言うより」「犯人さがし」に似ています。単独犯を捜すのではなく、犯行グループを探す「犯人さがし」の要領で馬券になる馬を探します。「犯人捜し」と呼ぶより、「宝さがし」の方がネーミングが良いと思います。これは、「Turning Point」を設定してから、一層強くなりました。「宝さがし」の手掛かりの第一は「黄金比」のフィボナッチ穴馬とフィボナッチ大穴馬です。以下にチョット、手掛かりを思い付くままに書いてみます。
① 相棒馬・フィボナッチ馬の項目のフィボナッチ穴馬(空色)とフィボナッチ大穴馬(紺色)で単勝オッズ18倍~24倍にある場合と31倍~37倍近辺に配置され、しかもオッズホールの内側の2頭になった時が穴馬候補です。特に1頭目が有力穴馬候補です。単勝オッズが1倍台の場合には、穴馬、大穴馬はオッズホールの外側に隠れます。
② 相棒馬は1番人気、2番人気と同枠に入った馬たちのことですが、この相棒馬もフィボナッチ穴馬、大穴馬と同様のオッズに配置された場合には人気馬の相棒として馬券になったり、人気馬の代用になります。
③ イレギュラーの項目は、馬連イレギュラーで3(青色)~5ポイント(赤色)に注目します。しかも、複勝イレギュラーで2~6ポイントでサポートされれば、なお「良し」です。また、上位人気(5、6番人気以内)に現れた単勝イレギュラー3ポイント以上の場合にも穴馬候補です。
④ Tourning Pointの項目は、単勝1番人気のオッズと馬連売上比率によって、A-A型からD-D型まで多様なケースがあります。A、B型はPeak、Up中心の馬券になり、C、D型はBottom、B.B.中心の馬券になります。これは人気の集中度の問題ですので、集中型は人気サイド、離散型は人気薄サイドが馬券に絡んできます。この時、人気薄サイドはPeak、Up配置かBottom、B.B.配置かは問いません。
⑤ Tourning Pointに関連して重視する点は、折れ線グラフです。穴馬は凡そ「第三の山(Peak、Up)」から出るケースが多いようです。Peakに配置された馬の場合が多いですが、その前後も要注意です。特に「なだらかな山」の場合は、山全体が馬券候補になります。
⑥ 昨日、申し上げた「白銀比」は累積馬連売上比率から選択します。詳しくは後日、詳細を述べますが、今回アップしたフィボナッチシートの赤色(塗りつぶし)の下向きの矢印が白銀比から導き出された馬券です。
 11月25日の東京7R~11Rで、該当しなかったのはJapan Cupだけです。全く、「白銀比」が活用出来なかったのではなく、上位人気3頭で決まったため、「白銀比」を使う必要が無かったと解釈しています。
⑦ 新しくTourning Pointで導入したB.LineとA.Lineは以前の「桃色」配置の「Bar」「Line」に比べて出現数が減りましたが、「Peak」や「Bottom」をサポートする良い指数になりました。新規に設置して消してしまった「T.Bar」も重要な指数なのですが、出現数が多いので抹消してしまいました。しかし、出現数が少ないときには驚くべき穴馬を指定しますので、悩んでいます。 
東京8R
b0201522_16155413.jpg

東京9R
b0201522_16161051.jpg

東京10R
b0201522_16162220.jpg

東京11R Japan Cup
b0201522_16163182.jpg

では、また。 by fineteqint

by fineteqint | 2012-11-28 16:24 | Trackback | Comments(0)

11.25 京都11R 詳細検証と第三の山

京都11R C-D型 BRR type
  C-D型なので、基本は青2、赤1か青1(1着)、赤2ではないかと判断しました。結果はBRRで、青1(1着)、赤2でした。結構、荒れる雰囲気で、注目は第三の山。1番人気を〇、2番人気を◎にしましたが、〇が2着で◎は馬券に絡めませんでした。上位のBottom(⑬、①)、B.B.(⑩)とPeak(⑦)は軽くみて無印。7番人気⑧(Peak)と8番人気⑪(B.B.)に△。この⑪が1着で穴馬となりました。9番人気でフィボナッチ穴馬の③に▲を打ちましたが。惜しくも4着でした。10番人気②はフィボナッチ大穴馬でPeakでしたが3着に入りました。7番人気~10番人気に印が集中したのは、「穴馬は第三の山」からの鉄則から判断したものです。今回は第三の山と第四の山が重なっていましたので、印が連続しました。
  尚、今回から馬連売上比率の累積シェアを加えて、白銀比をチェックしています。このレースは当て嵌りませんが、多くのレースで活用出来ます。後日、検証します。他に、BarとLineをA.LineとB.Lineに書き換えました。内容も違います。このシートにはT.Barの項目がありますが、これは不必要なので、今後は使用しません。  
b0201522_0552756.jpg

  では、また。 by fineteqint

by fineteqint | 2012-11-28 00:57 | Trackback | Comments(0)

Coffee Break (29)

 菱川師宣の「見返り美人図」には、白銀比があちこちに隠れているそうです。Coffee Break (28)で紹介した様に、白銀比は、日本建築で丸太から断面が正方形の角材を削り出すときに使用する比ですが、「雪舟」の絵にも、この比が多く使われているそうです。 
菱川師宣
b0201522_21321616.jpg

雪舟
b0201522_21451259.jpg

  では、また。 by fineteqint

by fineteqint | 2012-11-26 21:35 | Trackback | Comments(0)

11.25 結果

Japan Cup   ジェンティルドンナがよく頑張りました。3歳牝馬でJCを勝ったのは初めてのことだそうですが、牝馬三冠は伊達ではありませんでした。流石です。馬券は上位3頭で決まりましたので全く妙味なしでした。当日フィボナッチで買い増した分が余計でした。ダークシャドウは残念でした。
真夜中のフィボナッチ
b0201522_2028539.jpg

当日フィボナッチ
b0201522_20281714.jpg

京都11R 真夜中のフィボナッチ  今回は、▲の近辺にも印を打ちました。それが正解でした。大きくは買えませんでしたが、納得の馬券です。3番目の山は、いつも穴の1番候補です。 
b0201522_20282539.jpg

  有馬記念までに年末ジャンボ並みの馬券を取りたいですね。では、また。 by fineteqint

by fineteqint | 2012-11-25 20:38 | Trackback | Comments(0)

Japan Cup 当日フィボナッチ

Japan Cup
  ⑰オルフェーブルの取捨は非常に配当に影響します。当日フィボナッチを見て、⑰は無視はしませんが軽視します。◎は⑧エイシンフラッシュ、〇は⑰オルフェーブルにします。気になるのは①ビートブラックと③ジャガーメール、⑬ルーラーシップの3頭です。3歳馬は押さえにします。馬券は、⑧-①、③、⑬-⑰、④、⑮でどうでしょうか? 
b0201522_1114883.jpg
 
  今日も頑張って下さい。 by fineteqint

by fineteqint | 2012-11-25 11:08 | Trackback | Comments(0)

11.25 Japan Cup 真夜中のフィボナッチ

Japan Cup
 オッズ的には全く妙味は無く、4番人気までで決まっても何等不思議の無いオッズ配列です。B-B 型なので、Peak、Up中心の馬券構築で良いと思います。しかし、Peak、Upの赤色が少ない様です。⑰オルフェーブルも凱旋門賞帰りの割には、調教も強く疲れは無いと言うのが競馬マスコミの雰囲気です。⑰→⑬のPeakから⑮、④への馬券が本命党の馬券ですが、Fibonacciでは、④、⑮→⑧、⑰→⑩、⑬、①で行こうと思います。勝ちたい馬は⑰オルフェーブルの前でレースをしたいはずですが、末脚ではオルフェーブルに敵わず、オルフェーブルを気にして、(オルフェーブルに疲れが残っていて俊敏に反応出来ないときは)、後ろのままと言った場合もあるのかと勝手に妄想しています。⑧はルメールで前に行く可能性が高いと考えています。おまけで、③ジャガーメイルを挙げておきます。エリザベス女王を戴くイギリスからウィリアム・ビュイック騎手に来て頂いておりますので、エリザベス女王杯のお返しがあるかも、と当たらないサイン競馬です。
b0201522_23155115.jpg
 
  では、皆さん明日も頑張って下さい。 by fineteqint

by fineteqint | 2012-11-24 23:38 | Trackback | Comments(0)

11.24 結果とJC前日フィボナッチ

11.24 
京都11R
真夜中のフィボナッチ  一推しの▲⑮スプリングサンダーではなく、より人気薄の△⑤シュピリームギフトが3着でした。D-D型の穴馬は①ハクサンムーンだった様です。
b0201522_16313393.jpg

当日フィボナッチ  ①ハクサンムーンはフィボナッチ穴馬でしたが、逃げ馬と判断し無印と軽視してしまいました。もう一方のフィボナッチ穴馬に▲⑤シュプリームギフトが入りました。◎⑫テイエムオオタカは4着で残念でした。フィボナッチ理論がズバリだったレースなのに、微妙に馬券は外しました。
b0201522_16314843.jpg

東京11R
真夜中のフィボナッチ  Matrixの印の方が良い結果でした。先週までとMatrixのデータソースが違います。完全にフィボナッチシートを補完するデータになっています。
b0201522_1632521.jpg

当日フィボナッチ  ▲の⑮はフィボナッチ馬になりましたが、②、⑨は◎、〇の隠れた相手馬でした。
b0201522_16321778.jpg

 
JC 前日フィボナッチ オルフェーブルが負けるならこのレースかも知れません。そういう予見で印を打っています。これが間違いの元なのですが、懲りませんね。現在のところ、⑩が一番、匂います。
b0201522_16324297.jpg

  では、また。 by fineteqint

by fineteqint | 2012-11-24 17:00 | Trackback | Comments(0)

当日フィボナッチ 京都11R(東京11R追加しました)

京都11R
b0201522_12563063.jpg
 
東京11R
b0201522_13584298.jpg

  皆さん、本日も頑張って下さい。では、また後ほど。 by fineteqint

by fineteqint | 2012-11-24 12:58 | Trackback | Comments(0)

11.24 真夜中のフィボナッチ

  本日のフィボナッチはD-Dパターンが多く、非常に難しくなっています。京都のメインレース京阪杯は大穴狙いで1発勝負です。▲スプリングサンダーからの馬券です。◎テイエムオオタカ、〇アドマイヤセプター、無印サドンストームあたりへの馬券を考えています。
京都11R
b0201522_1155226.jpg
 
東京11R
b0201522_1222687.jpg
 
  では、また。 by fineteqint

by fineteqint | 2012-11-24 01:23 | Trackback | Comments(0)