フィボナッチ馬券

<   2011年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧


お詫び

  2011年も残りわずかとなりました。本日、ブログランキングの主催者からメールがあり、アメーバブログの「競馬依存症の独り言」とライブドアブログ「穴馬ワイドショウ」の2つがブログランキングの主旨に反しているとの指摘が有り、ランキングから削除されました。素人の浅はかさで、どの点に問題があったのかは理解出来ないのですが、関係者の方々やブログを読んで頂いている方にご迷惑をお掛けしまして申し訳ありませんでした。今後、このブログもランキングへの登録は控えますので、悪しからずご容赦をお願い致します。
  尚、仕事の関係で来年から大変忙しくなりますので、どこまでこのブログが続けられるか解りません。更新が滞ったり、突如、ブログ中止になることもあるかと思っておりますので、その折にはお許しを願います。 by fineteqint

by fineteqint | 2011-12-29 22:50 | Trackback | Comments(0)

有馬記念前日フィボナッチ(馬券を少し変えました。⑦加えました)

 明日は有馬記念ですが、いま一つレースが読みきれません。前日午後6時のオッズですが、偏りのあまりない素直な配列になっています。フィボナッチ的には、軸は⑨オルフェーブルと①ブエナビスタで堅そうなオッズです。本日土曜日はフィボナッチ的に明確なレースを追加で推奨しましたが、全くの空振りでした。現時点で、有馬記念のオッズは⑤エイシンフラッシュが穴馬クラスターになりました。但し、穴枠配置は③ヒルノダムール、⑦トゥザグローリー、⑧ローズキングダムです。一応⑪ジャガーメイルまで馬券になる可能性があります。1番人気の単勝オッズが2.3倍なので、穴馬はオッズホールの内側です。第1ホールは⑬レッドデイヴィスと⑤エイシンフラッシュの間、第2ホールは③ヒルノダムールと⑭ルーラーシップの間、第3ホールは⑧ローズキングダムと⑪ジャガーメイルの間にあります。ホールの内側が馬券対象なので、⑬レッドデイヴィス、③ヒルノダムール、⑧ローズキングダムが穴馬候補です。1番人気と2番人気に58%の投票がありますので、余り荒れないと見ると⑬レッドデイヴィスが穴馬かと思います。この馬、以前、3歳馬で一番強いと押して転けた馬ですが、どうでしょうか?
  最初のnetkeiba.comの有馬記念予想の時に、穴馬的イメージに1番近いのは⑪ジャガーメイルと申し上げましたが、⑥キングトップガンとの間のオッズホールが大きいので、この⑪ジャガーメイルがホール内側の大穴馬の可能性も少し残っています。時系列オッズで気に食わない動きをしたのが、⑩トーセンジョーダンと⑫アーネストリーです。オッズを5位から3位に上げたトーセンジョーダンとオッズを5位に下げた⑫アーネストリーは、気に食わないと言うより、前評判どおりの配置に落ち着いたと言う事です。当初、⑫アーネストリーは2番人気に居たかと思いますが、この馬が実は1番穴馬の資格を持っていました。前走の大敗も拘わらず、上位人気に居ましたので推奨し難かったのですが、明日、もう少しオッズを下げたら、⑫アーネストリーが穴馬で単勝まであるかと思っています。取り留めのない予想になりましたが、現時点での結論は、⑫アーネストリーの単勝と①、⑨との三連単BOX、①、⑨-⑫、⑩、⑬、③、⑦、⑪の三連複フォーメーションで少しばかりのクリスマスプレゼントになりますでしょうか?
  オッズに余程の変化がない限り、今年のブログはこれで終わります。一年間お世話になりました。では、皆様、良いお年を。 by fineteqint 
b0201522_2045438.jpg

人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-12-24 20:05 | Trackback | Comments(0)

12.24 結果検証

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
いけませんでした。明日に期待したいですね。
中山12R 、④、(①) 結果:②ー③ー⑧ (×)
b0201522_1325671.jpg

阪神9R ⑧、(③)→⑬ 結果:④ー⑪ー⑥ (×)
b0201522_13444275.jpg

阪神10R ②、⑧、(⑪)→⑬、⑩ 結果:⑦ー①ー⑫ (×)
b0201522_13565772.jpg

ラジオNIKKEI杯 結果:②ー③ー⑬
b0201522_1103030.jpg

師走ステークス 結果:⑤ー⑭ー⑮ 
b0201522_1104927.jpg

 では、また。 by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-12-24 16:28 | Trackback | Comments(0)

前日フィボナッチの追加

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
中山12R ③、④、(①) 穴枠に配置されたのは③、①ですが、④は当日フィボナッチの唯一の穴馬クラスター+穴馬配置馬です。④を強く押したいですね。前日でも準クラスター馬ですし。
b0201522_1325671.jpg

阪神9R ⑧、(③)→⑬
b0201522_13444275.jpg

阪神10R ②、⑧、(⑪)→⑬、⑩
b0201522_13565772.jpg

 では、また。 by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-12-24 13:29 | Trackback | Comments(0)

有馬記念ほか前日フィボナッチ

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
有馬記念
b0201522_11015.jpg

ラジオNIKKEI杯
b0201522_1103030.jpg

師走ステークス 
b0201522_1104927.jpg

  文字入力が大変なので、フィボナッチシートだけにしておきます。では、また。 by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-12-24 01:12 | Trackback | Comments(0)

有馬記念予想フィボナッチ

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
  有馬記念は、3冠馬のような絶対的に強い馬か中山巧者の馬が馬券になる競馬です。基本的に中山2500mと言う非根幹距離で、おまけに100m長い中途半端な距離を競う競馬の意味は、馬たちの「忘年会」であって、勝ち負けに大して意味はないと思っています。まあ、お祭りですね。それでも、絶対的に強い馬は勝ってしまいます。ディープインパクトなどは良い例です。今回は、3冠馬のオルフェーヴルが出るので勝ってしまうかも知れません。それに、以前に馬券になった馬の再登場もよくありますので、ブエナビスタも勝馬候補です。穴馬的にはヒルノダムール28.8倍がフィボナッチ穴馬ですが、トゥザグローリー33.5倍が昨年の3着なのでこちらを現時点での穴馬に推奨したいと思います。中山巧者的な穴馬はジャガーメイルです。この馬は中山巧者とは思えませんが、イメージはピッタリです。 
b0201522_21471417.jpg

  では、また。 by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-12-22 22:14 | Trackback | Comments(0)

有馬記念ほか

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
 JRAホームページ「今週の注目レース」より引用させて頂きました。
「第28回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」
 以前はラジオたんぱ杯2歳Sの名称で行われていたが、2006年から現在の名称に変更された。1週前に行われるGI の朝日杯フューチュリティSが1600mなのに対し、このレースは2000mとあって、中距離適性が問われる舞台となる。過去10年の勝ち馬だけをみても、2002年優勝のザッツザプレンティが菊花賞を、2008年優勝のロジユニヴァースが日本ダービーを、2009年優勝のヴィクトワールピサが皐月賞を制するなど、クラシックホースを3頭も送り出しているレースである。過去10年の結果から、レース傾向をピックアップしていこう。
近年は1800mデビュー組が断然!
 出走各馬のデビュー戦の距離別成績を調べた。「1500m以下」デビュー組からも2頭の優勝馬が出ているが、優勝馬10頭中7頭を占めるのは「1800m以上」デビュー組。とくに6頭の優勝馬を送り出す「1800m」デビュー組は断然トップの勝率13.3%をマーク、さらにレース名が変更された2006年以降の過去5年間は、同組が5連勝中と快進撃を続けている。今年も「1800m」デビュー馬がいれば、引き続き注目してみたい。
前走オープンクラス組が優勢!
 前走の条件別成績を集計すると、優勝馬10頭は前走で「500万下」と「オープン特別」、「重賞レース」のいずれかに出走していた。「500万下」組からは5頭の連対馬が出ているが、好走率ではオープンクラス組がリード。とくに2006年以降の過去5年間では、優勝馬5頭の内訳が前走「GI・JpnI」1頭、「GⅢ・JpnⅢ」2頭、「オープン特別」2頭となっており、前走でオープンクラスのレースに出走していた馬の活躍が目立っている。
好走が目立つ馬番1~3番!
  馬番別成績では内寄りの「1~3番」と、中寄りの「7~9番」に入った馬が高い好走率を叩き出していた。とくに「1~3番」組は3着内率41.4%という高い数値をマークしているうえ、過去10年間のうち、2005年を除く9年で連対馬を送り出している。さらに、単勝4番人気以下で連対した6頭中4頭が、この「1~3番」組から出ている点も見逃せないデータだ。

「第56回 有馬記念」
 一年を締めくくるドリームレース。これまでも数々の名馬が競演し、記録に、そして記憶に残る数々の名勝負が生み出されてきた。東日本大震災で揺れたこの一年だが、競馬界では史上7頭目の三冠馬が誕生、日本調教馬によるドバイワールドカップ初制覇など、歴史的な快挙もあった。果たして、今年はどんなドラマが待っているのか? ここでは、過去10年の結果から導き出された、注目のレース傾向をお届けしよう!
前走GI 組が圧倒!
  まず、前走の条件別成績に着目すると、優勝馬10頭すべてが、連対馬20頭のうち19頭が「前走でGI・JpnI レースに出走」していた(海外のG1を含む)。出走頭数では「前走GI」組が104頭、「前走GI 以外」組が40頭で、その差は約2.5倍に上るが、3着以内馬30頭でみても「前走GI」組は27頭、「前走GI 以外」組は3頭で、その差は9倍。レース結果でも「前走GI」組が圧倒している。
前走3着以内組が優勢!
 次に前走の着順別成績を見ると、優勝馬10頭中8頭が、連対馬20頭中14頭が「前走3着以内」組によって占められていた。前項から優勝馬の前走はすべてGI レースで、連対馬でみても20頭中19頭がGI レースだったが、そのなかでも、3着以内に入っていた馬の勢いと実績には注目すべきだろう。その一方で、勝利馬2頭を含めた連対馬5頭が「前走6着以下」馬だったことも、興味深いデータだ。前走で大敗していた馬でも一変する余地はある、と言えるだろう。
近3走以内の実績に注目!
  また、近3走以内の重賞レースにおける実績を調べると、「GI・JpnI 勝ち」の実績があったグループから連対馬10頭が送り出されており、3着内率では41.9%の高い数値を叩き出していた。やはり、近走でGI 勝ちの実績を持つ馬の存在感は、このレースでも極めて大きいようだ。その一方、近3走で重賞を勝利していなかったグループからも7頭の連対馬が出ている点は、チェックしておきたい。ちなみに「重賞勝利なし」組の優勝馬2頭は、2005年のハーツクライが前走ジャパンカップで2着、2010年のヴィクトワールピサは前走ジャパンカップで3着と、ともに前走のGI で3着以内に入っていた。
 2007年優勝のマツリダゴッホの前走の単勝人気が8番人気(天皇賞・秋)など、前走で下位人気だった馬の好走も少なくないこのレース。しかし、前々走の単勝人気を調べてみると(2006年優勝のディープインパクト、同年2着のポップロック、2010年優勝のヴィクトワールピサの前々走は海外のレースだったため、データ対象外とする)、勝利馬8頭はすべて「3番人気以内」の支持を受けていたことがわかった。「前々走3番人気以内」組は連対馬17頭中14頭を占めており、前走で人気を落としていた馬でも、前々走で3番人気以内であれば、軽視できない存在となるだろう。
勝利馬は前々走3番人気以内から!
  2007年優勝のマツリダゴッホの前走の単勝人気が8番人気(天皇賞・秋)など、前走で下位人気だった馬の好走も少なくないこのレース。しかし、前々走の単勝人気を調べてみると(2006年優勝のディープインパクト、同年2着のポップロック、2010年優勝のヴィクトワールピサの前々走は海外のレースだったため、データ対象外とする)、勝利馬8頭はすべて「3番人気以内」の支持を受けていたことがわかった。「前々走3番人気以内」組は連対馬17頭中14頭を占めており、前走で人気を落としていた馬でも、前々走で3番人気以内であれば、軽視できない存在となるだろう。
  では、また。by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-12-21 22:37 | Trackback | Comments(0)

12.18 推奨しなかったのに、小倉12Rと中山7Rの結果・検証(縮小図形)

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
小倉12R 結果:②-⑩-⑰ このレースは、勝った1番人気②タバルナは馬連シェア2番人気、13番人気⑩ダイメイザクラは馬連シェア3番人気、7番人気⑰ラブグランデーは馬連シェア1番人気でした。終わって見れば、単勝1番人気、2番人気、3番人気の決着でした。この時点(土曜日の真夜中)で、単勝人気ではなく、馬連の上位人気に特定の情報に基づく馬券投票が行われていたことになります。今回は、最終的に単勝上位人気に納まりましたが、このまま人気薄のままでいる場合も多々あります。そこがフィボナッチの狙いどころです。
b0201522_1854064.jpg
 
b0201522_18543153.jpg
  
b0201522_18545489.jpg

中山7R 複勝穴馬 ②ナムラボルカーンは前日真夜中時点では、9番人気31.1倍のオッズでしたが、最終的には11番人気で58.4倍でした。結果はこの馬が勝ち、単勝5,840円、複勝1,450円でした。単勝を買っていないところが、臆病丸出しですね。
b0201522_1836112.jpg

b0201522_18553225.jpg

 今回は、縮小図形のアップロードをブログでどのように見えるかを試すためにテスト的にアップしてみました。  by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-12-19 18:22 | Trackback | Comments(0)

12.18 結果検証(朝日杯、愛知杯)

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
  朝日杯の結果:③-④-⑮ 勝負馬券はまたもや散ってしまいました。③は強そうですが、来年のクラシック路線に乗れると良いですね。穴馬は結構自信があったのに、この様では全く面目ない次第です。買った馬券は、⑥、⑧→①、②→③の三連複でしたが、④を外したセンスの悪さを疑われるでしょうね!
b0201522_0251773.jpg

愛知杯の結果:⑫-④-⑩ こちらは、穴馬④を推奨出来たのに、軸馬が飛んでしまいました。今年のオッズ1倍代の1番人気は良く飛びます。馬券は⑬-③、④、⑤の馬連とワイドでした。
b0201522_0485383.jpg

 今週は関西へ出張予定です。年末に移動はしたくないのですが、最後に海外出張もありそうでチョットまいっています。では、また来週。 by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-12-18 18:52 | Trackback | Comments(0)

12.18 前日フィボナッチ(朝日杯、愛知杯)

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
朝日杯
  1番人気③アルフレードのオッズが3.3倍なので、ごく普通の穴馬クラスター、穴枠配置で検討します。⑥スノードンと⑧ショウナンラムジが第1穴馬クラスターで、⑥スノードンが穴馬配置。⑧ショウナンラムジが2番人気⑦クラレントの相棒馬。⑪マコトリヴァーサルが第2穴馬クラスターですが、穴枠にはサポートされていません。次の⑨ニンジャが第3クラスターで大穴枠に配置されました。ここまでが穴馬候補だと思います。⑭ヒシワイルドは⑬ハクサンムーンの相棒ですが、馬券になるなら⑬の方で、第2穴枠⑤ネオヴァンクル、第2大穴枠⑩ジョウノバッカスも馬券になるのは、第1穴枠⑥スノードン、第1大穴枠⑨ニンジャの方だと思っています。但し、1番人気のオッズから見て、第1クラスターの⑥スノードンと⑧ショウナンラムジの2頭が穴馬候補ではないでしょうか?1番人気③アルフレードが馬券になるのなら、④マイネルロブストは馬券にならないと思っています。また、中山1600m芝では、1枠は馬券になる可能性が高いと思いますので、②ローレルブレット(オッズ10倍の前後馬に該当)と①サドンストームは準穴馬クラスターに属し、馬券になる可能性が高いと考えます。結論は⑥、⑧→①、②→③の三連複で勝負しようと思います。④、⑦が来たら諦めます。もう1頭気になる馬が⑬ハクサンムーンですが、これは明日のオッズ次第で決めたいと思います。勝負馬券はもう買いました。 
b0201522_0251773.jpg

愛知杯 
 1番人気⑬レーヴディソールのオッズが1.8倍なので、穴馬は大きなオッズホールの外側に居るとみます。そのオッズホールが何処なのかが問題です。1番目のオッズホールは⑧アスカトップレディと③ラフォルジュルネの間(13.4倍~21.6倍)、2番目のオッズホールは⑯シースナイプと④ブロードストリートとの間(22.4倍~31.4倍)、第3オッズホールは④と⑦の間、第4オッズホールは⑪と⑤バウンシーチューンとの間です。この後もありますが、この中で、ホールの外側で穴枠、大穴枠に配置された③ラフォルジュルネ、④ブロードストリート、⑤バウンシーチューンの3頭が⑬レーヴディソールの相手だと判断します。馬券は⑬-③、④、⑤の馬連とワイドにしました。
b0201522_0485383.jpg

 では、また。 by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-12-18 00:26 | Trackback | Comments(0)