フィボナッチ馬券

<   2011年 08月 ( 83 )   > この月の画像一覧


小倉2歳ステークス 1200m

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
JRAのホームページから引用させて頂きました。
  『JRAでは2歳馬限定の重賞は合計11レース組まれているが、芝1200mで行われるのは函館2歳Sと小倉2歳Sのみ。両レースには短距離適性が高いと見込まれるタイプが集結するため、毎年、激しいスピード争いが繰り広げられており、今年も最後の直線は見ごたえのある好レースとなるだろう。その戦いの行方を、過去10年間のデータを中心にチェックしていこう。

外枠優勢”の傾向が顕著!
過去10年の枠番別成績を調べてみると、「6~8枠」の馬が毎年2着以内に入っていた。そのうち4回は「6~8 枠」の馬が1、2着を独占しており、“外枠優勢”の傾向が顕著の重賞と言える。今夏の小倉競馬の開催日程は、例年の8週間から6週間に変更されているが、基本的なデータとして頭に入れておきたいところだ。

上位人気馬が安定!
単勝人気別成績を見てみると、2001年は単勝「15番人気」のタムロチェリー、2002年が「10番人気」のメイプルロードと、下位人気馬が勝利したこともある小倉2歳Sだが、近年は上位人気馬が堅実に好成績を残している。
次に、前走の単勝人気別成績をチェックしてみると、この小倉2歳Sで3着以内に入った30頭のうち26頭は、前走で「1~3番人気」の支持を集めていた。ちなみに、前走で単勝「1番人気」の支持を受けていた60頭について、そのレースの条件別成績を調べてみると、前走「新馬」組は苦戦傾向を示していた。「新馬」を「1番人気」で勝った直後に臨んできた馬は、優勝馬ゼロ、2着に入ったのも2009年のダッシャーゴー ゴーのみとなっている。

勝ちっぷりにも要注目!
小倉2歳Sの出走馬の戦績を調べてみると、“芝のレースで2着馬に2馬身半以上の差をつけて勝利した経験のある馬が、毎年連対している”ことがわかった。やはり短距離重賞だけに、スピードの裏づけというのは必要と言えるのかもしれない。『完勝経験』がある馬には、今年も注目するべきだろう。』ここまで、JRAより引用させて頂きました。

これを踏まえ、出走馬をチェックします。
評価するポイントは、①前半が速い、②後半、特に最後の1Fは時計が掛かる。前に居て結果を出している馬が良い。
◎アイラブリリ:デビュー戦は直線伸びて3着。前走は直線だけで0.9秒差の快勝。
◎エピセアローム:前走は逃げて1秒差の圧勝。スタートも巧くデビュー戦は速い後半を差して2着。
▲ヴェアデイロス:前半34.0秒の流れを先行して、直線では滑らかに加速して差し切り。
△オウケンハナミズキ:1400mのデビュー戦は2.3秒差の8着。1200mの前走は、前半の速い流れを先行しての差しきり勝ち。速いタイムでの勝利。
▲キンシツーストン:ダート1000mのデビュー戦は1.0秒差の快勝。芝がどうか?
△ゴーイングパワー:デビュー戦は京都だがスピードの違いで押し切った競馬。
△シゲルスダチ:デビュー戦は位置取りが後ろ過ぎて届かず。フェニックス賞は不利があって2着。
▲テイエムハエンカゼ:ひまわり賞では3馬身ほど離れて追走し、直線でも延びて3着。
◎マコトリヴァーサル:前半33.9秒で逃げて、直線入り口で後続を突き放す快勝。上がりも35.1秒で上々。2着のメイショウハガクレがフェニックス賞勝ち。高レベル。
○メイショウダビンチ:デビュー戦は、外を回って差しきり。小回りコース向き。センス良い。

不人気ならば、▲のヴェアデイロス、キンシツーストン、テイエムハエンカゼがお奨め。 by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-08-31 23:54 | Trackback | Comments(0)

新潟2歳ステークス GⅢ 1600m芝

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
JRA 今週の注目レースから引用させて頂きます。
  『ゴール前の直線(659m)が日本一長い新潟・芝・外回りコースの1600mで争われる新潟2歳Sは、デビューして間もない2歳馬にとって、スピードやスタミナを要求されるだけでなく、素質や完成度の高さも重要なポイントを占めるハイレベルな一戦と言える。2004年の優勝馬マイネルレコルト、2008年の優勝馬セイウンワンダーは、それぞれ同年末の朝日杯フューチュリティSを制し、JRA 賞最優秀2歳牡馬に選出された。今年も、後の2歳重賞戦線や来春のクラシック戦線に繋がるタフな優勝争いが繰り広げられそうだ。今回は芝・内回りの 1400mから芝・外回りの1600mに変更された2002年以降のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

“前走の距離”がポイント!
過去9年の3着以内馬27頭中、過半数の14頭は前走で「1400m」のレースに出走していた。また、前走が 「1600m」だった馬も3着内率32.0%と、優秀な成績をマークしている。一方、前走が上記以外の距離だった馬は優勝例がなく、2着に入ったのも2003年のウイングレットと2008年のツクバホクトオー(ともに前走1200m)だけだ。今年もまずは、前走が「1400m」や「1600m」の レースだった馬に注目してみたい。

「オープン特別」を経由してきた馬が優勢!
前走の条件別成績を見ると、前走で「オープン特別」に出走していた馬が、すべてのカテゴリーでトップの数値をマークしていた。なお、前走が「新馬」だった馬は3着以内馬数で最多の11頭を送り出しているが、好走率では前走「オープン特別」組に及ばない。前走で「オー プン特別」に出走していた馬をしっかりチェックしておこう。

前走の「末脚」に注目!
前走が「オープン特別」だった馬について、そのレースの上がり3ハロンタイム順位(推定)別成績を調べてみると、 上がり3ハロンタイム順位(推定)で「1位」だった馬が3着内率71.4%、同「2位」だった馬が3着内率37.5%と、それぞれ優秀な成績を収めていた。前走が「オープン特別」だった馬を比較する際は、そのレースで出走メンバー中2位以内の上がり3ハロンタイム(推定)をマークしていた馬に注目した い。
次に、前走が「新馬」・「未勝利」だった馬について、そのレースの上がり3ハロンタイム順位(推定)別成績をチェックしてみると、3着以内に好走した17頭中15頭は同「1位」だった。前走が「新馬」・「未勝利」、かつ前走の上がり3ハロンタイム(推定)が出走メンバー中「2位以下」だった馬は、評価を下げるべきかもしれない。

フルゲートなら先行馬にもチャンスが!?
出走頭数が18頭未満だった年(2002年、2004年、2008年)について、4コーナーの位置別成績を見てみると、3着以内に好走した9頭中7頭は、4コーナーで「5番手以下」に位置していた。フルゲートの18頭に満たない年は、「差し」・「追い込み」が決まりやすいようだ。
一方、出走頭数が18頭だった年(2003年、2005~2007年、2009~2010年)について、4コー ナーの位置別成績を見ると、「4番手以内」だった馬が「5番手以下」だった馬を連対率・3着内率で大きく上回っていた。フルゲートの年は、「逃げ」「先行」タイプの馬に注目してみよう』。ここまで、JRAホームページより引用。

これらの情報を踏まえて注目馬をチェックしてみたい。
△アドマイヤリリーフ(牡2):デビュー戦は新潟マイル。後方から伸びて快勝。フジキセキ産駒。
◎エピセアローム(牝2):新馬戦はダローネガの同タイム2着。2戦目のマイル戦で6馬身差快勝。
▲オペラダンシング(牡2):新潟芝1400m戦で未勝利勝ち。前走も1回下げてからの快勝。
△クイーンアルタミラ(牝2):中山マイルのデビュー戦は外枠から差し切った内容。間隔が開いたのは?
△クリッピングエリア(牝2):新潟マイルでデビュー勝ち。3、4着馬は次の未勝利戦で勝利。
▲ジャスタウェイ(牡2):デビュー戦は同コースで5馬身差の勝利。勝ちタイムも優秀。前半がスローで上がりを加速する流れ。先行して抜け出し、0.8秒引き離しての勝利。
◎ダローネガ(牡2):デビューは阪神マイル戦。3着以下に大差をつけ、並ばれても抜かせない。
△ダンスインザマミー(牝2):デビュー戦は直線1000mを勝ち、ダリア賞は5着だが、内で詰まる。
△トウケイヘイロー(牡2):デビュー戦は新潟芝1400m。流れが速くなるようなら一発。
▲ニンジャ(牡2):デビューは阪神芝1400m。直線は抜け出して3馬身半差の快勝。タイムも良。
▲ハッシュドトーン:後半を加速する流れを先行して差しきる。上がりは物足りないが、長く良い脚。
△ヒシマーベラス(牡2):3戦目に新潟芝1800m戦で勝ち上がった馬だが、力差はない。
△フィロパトール:デビュー戦は、1200m戦を逃げ切り。上昇余地あり。
△プレノタート(牝2):デビューは京都芝1400m。好位から抜け出して快勝。ダリア賞は4着。
△メイショウハガクレ(牡2):デビュー戦は小倉芝1200m2着だが、OPフェニックス賞を勝った。
△モンストール:直線の加速感はよく、1F伸びても中盤が緩む流れなら対応可能。
△ラフレーズカフェ(牝2):新馬戦は新潟芝1400m。3馬身差快勝。2着に0,5秒差は弱い相手。

▲のオペラダンシング、ジャスタウェイ、ニンジャ、ハッシュドトーンがお薦め。  by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-08-31 19:13 | Trackback | Comments(0)

8.28札幌7R フィボナッチ馬券学

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
  このレースは、フィボナッチで対応できる最低頭数の12頭です。5枠~8枠までが殆ど2頭ずつ並んでいますし、荒れないレースの印象でしたので「見」のレースでした。しかし、人気薄6頭の中に1着~3着がおり、この時点で最低人気馬が勝ちました。縦糸ゾーンは10番人気①ナムラオーシャンが第1ゾーンで第2ゾーンの馬はおらず、第3ゾーンに2頭います。オッズ的に異常なのは、1着になった③ビエナヴィブレの複勝が際立っている点と2着になった⑨クールフォーマの馬連シェアが目立ちます。⑤ゴールドオリーブは実質1番人気ですが馬券にはなりませんでした。穴枠④エスジーナミ、大穴枠③ビエナヴィブレから馬連シェア異常馬の⑨クールフォーマへ流せば、馬券にはなりましたが、結果論から言えば、これは買えないと思います。2着③ビエナヴィブレは12番人気で単勝248.8倍、複勝2,920円。1着は⑩ホクトキングダム10番人気4,230円でした。この馬は馬連シェアで支持されていました。難しいですね。 by fineteqint
b0201522_23274628.jpg

人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-08-30 23:30 | Trackback | Comments(0)

8.28 釣った魚と逃した魚

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
新潟7R 釣った魚 13番人気⑭デンファレ2着 複勝2,370円
 このレースの単勝1番人気⑩ウエスタンハピネスのオッズが2.8倍なので、縦糸作戦の第1穴馬ゾーンは18倍~24倍にいる③ミッキーオリーブと25倍~37倍にいる④ドナリサと⑮エビスワンダフルの3頭が穴馬候補です。横糸作戦では大穴枠1番手の③ミッキーオリーブと穴枠2番手の⑮エビスワンダフルが穴馬候補です。穴馬は2頭~3頭選びますので、もう1頭選ぶなら、穴枠1頭目の⑭デンファレか大穴枠2頭目の②イルドロールです。迷うところですが、やはり穴枠1頭目の⑭デンファレが候補です。結果は、⑭デンファレが2着に入り大波乱でした。相手は上の折れ線グラフと棒グラフで尖っている⑨オメガリトルスターと⑥キッズチェイサーです。私のフィボナッチシートで赤字反転している馬は注目馬です。基本的に穴馬しか推薦しませんので、皆さんはシートでチェックして下さい。大概は、1番人気と2番人気を相手に選びますが、今回は1番人気のオッズが20%未満だったので⑥キッズチェイサーと⑨オメガリトルスターを赤字で表示しておきました。ところで、2着になった⑭デンファレは、この時点で単勝9番人気でオッズ16.9倍ですが、終わって見れば単勝13番人気109.2倍、複勝23.7倍の大穴馬でした。最近、この様なケースが多いようです。 
b0201522_20574746.jpg


新潟9R 逃した魚 ⑤ドリームリバイバル 1着 単勝11,630円、複勝1,040円
  このレースは失敗した例です。単勝1番人気のオッズが2.2倍なので、縦糸作戦の穴馬第1ゾーンは18倍~24倍、第2ゾーンが25倍~37倍、第3ゾーンが38倍~58倍となります。⑨ホワイトショウフクは直ぐに決まりましたが、③ハリマノワタリドリと②アイノレグルスが準穴馬枠でしかも2頭とも縦糸ゾーンにいたために決断出来ずに、2頭を推薦しました。結果は大穴枠で直ぐ隣に居た⑤ドリームリバイバルが1着で単勝116.3倍でした。赤字反転していましたので、最初は⑨と⑤を選択し、②と③のどちらを選ぶかで迷った末に、大穴馬の⑤ドリームリバイバルを最後に選択肢から外してしまいました。縦糸ゾーンから外れていることで、自分なりに納得した思いがありました。やはり、横糸ゾーンの穴枠、大穴枠はキーポイントでした。教訓としては、横糸作戦では穴枠1番手、大穴枠2番手を重視し、準穴枠はその次に検討することとする。残念でした。逃がした魚はとても大きかったです。 by fineteqint
b0201522_2101991.jpg

人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-08-30 21:05 | Trackback | Comments(0)

地球と水星が宇宙に描く六芒星

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
  『下の図は金星の時と同様、太陽系を極北方向から俯瞰しているものとする。最初にAの位置で会合した外側の軌道の地球と内側の水星の会合周期は116日である。地球はこの116日間にA→B→Cの位置まで移動している。一方水星は88日でA→B→C→D→E→F→Aと1公転し、さらに116日目には→B→Cと進んで、その位置で地球と会合する。この地球と水星の会合周期116日の3倍は348日で、364日との差は16日あるが、ほぼ地球の1年でA→C→E(→A)の位置で3回会合をする計算になる。
b0201522_1531030.jpg

  地球の公転軌道上に、この会合周期の3点を結んだ3角形は約15.82度ずつ公転と反対方向にずれていきながら、ほぼ22.75年で元の位置に戻る。さてここで思い出してほしいのは、水星の自転周期58.5日が会合周期116日のほぼ半分であるということだ。地球の1年の間に水星は3回会合し、6回自転しているのだ。この会合周期と同期した自転周期の描く3角形(実線で描いたA-C-E)と、会合周期と同期していない自転周期の描く3角形(点線で描いたB-D-F)をそれぞれ結ぶと、確かに閉じていないまま逆スピンする6茫星・ヘキサグラムが描けることが分かる。
 なおこの水星が描くヘキサグラムが1度完成する間に、金星上ではほぼちょうど3日(117×3=351地球日)が過ぎている。そして月の上ではほぼ12日(29.5×12=354日)が経過する。また水星の自転周期58.5日を、この348日と364日の差である16で割ってみると3.65625となり、1年365日の1/100に近い値が顔を出す。またこの58.5日を黄金比φで割ってみると、36.15574783…という1年365日のほぼ1/10の値になる。』 ここまで、「Project Metatron」より引用させて頂きました。詳しくは、興味のある方は、下記サイトで確認してください。 http://homepage1.nifty.com/metatron/
  益々、神秘のフィボナッチ数列と黄金比の世界に取り込まれています。但し、Youtubeの動画サイトで「フィボナッチ」や「黄金比」で検索すると、宗教的なサイトに行き着くケースが多いようです。チョット苦手なので、どうしようかなーっ。 by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-08-30 15:16 | Trackback | Comments(0)

金星と地球が描く五芒星

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
  インターネットで「フィボナッチ」映像を探しているときに、偶然太陽系の惑星間の関係がフィボナッチ数列に支配されている、と言う映像を見つけました。更に調べていく中でこのサイトを発見しました。驚くべき知見に溢れています。是非、興味のある方は訪問してみて下さい。吃驚しますよ。私の興味のある箇所を引用させて頂きました。
  『金星と地球との関係においてまず最初に注目したいのは、地球の公転周期365(365.2422)日と金星の会合周期584(583.9319)日との比が、ちょうど5:8(これフィボナッチ数ですよね)であるということ。これはどういうことかと言うと、金星が太陽を13回公転する間に、地球は太陽を8回公転し、その間に金星と地球は5回会合するということである。別の言い方をすれば、地球の8年間に金星は13回公転し、5回会合するということだ。しかもこの8年間2922日の間、この会合ポイントを地球の公転軌道上にプロットしていくと、下の図のように太陽を中心とした5茫星・ペンタグラムが立ち上がってくるのである。
b0201522_1462542.jpg
 
 太陽系の真上、すなわち太陽の極北方向の延長線上から金星と地球の公転軌道を眺めている概念図が上の図である。Aの位置で最初に外側の地球と内側の金星が会合した後、地球は365日かけてA→B→C→D→E→Aと巡って最初の位置に戻り、さらに584日目までには→B→C→Dと動いている。この間に金星は225日でA→B→C→D→E→Aと巡り、584日の間にはさらに→B→C→D→E→A→B→C→Dと動く。そしてこのDの位置において584日目に、再び地球と金星が会合するのである。同様に584日毎にその会合ポイントはBの位置、Eの位置、Cの位置と移動して会合し、(584×5=2920日=)8年後に最初のAの位置に戻って会合する。そこでこの会合ポイントを順番につなげてみると、図のように5茫星・ペンタグラムが描かれるのである。5茫星はその辺及びその互いが分けている線分相互の間に網の目のように黄金比の関係が存在する、いわば黄金比のかたまりだ。金星がこのように5茫星・ペンタグラムの軌跡を描くということからも、黄金比φの星であると表現することができるだろう。』 ここまで、「Project Metatron」より引用させて頂きました。詳しくは、http://homepage1.nifty.com/metatron/zone-01/kin013-122.htmで勉強して下さい。
  面白いですね。調べていくと、フィボナッチ数と黄金比が至るところで出てきます。宇宙のマクロ的な視野の中も、生きものの中のミクロの視野の中でも、このフィボナッチ数と黄金比によって構造化されているのではないかと思います。JRAがフィボナッチ数列で競馬の世界をコントロールしているのではないか、もし、私がJRAの主催者ならば、必ずこの数列を使って競馬会を演出してみせる、と思って始めた「フィボナッチ馬券学」ですが、この数列は中々手ごわい相手です。馬券から徐々に離れて行くのが解ります。 by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-08-30 02:04 | Trackback | Comments(0)

三次元空間のフィボナッチ関数

三次元空間でのフィボナッチ関数につい新しい図7,8,9を見てみます。
  『図3、図4、図5から3Dで見えた人はすごい。xが決まればRe(F)、Im(F)が決まり、複素平面状の一点が決まる。つまりx-Re(F)-Im(F)で曲線を描くことになる。図3、図4、図5はある軸から垂直に真上から見た図ということになります。三次元のグラフはエクセルでは厳しいので数式処理ソフト「Maxima」についているgnuplotというグラフ処理のアプリケーションを用いることにします。(詳細は省略)
 準備のため、媒介変数tを用いて、書き換えてxyz空間上に表示させるようにします。先程の図3はxy平面、図4はxz平面、図5はyz平面ということになる。フリーソフトなのでダウンロードして実際触ってみると面白いです。おすすめ。上のコマンドをコピー、そして「shift」+「Enter」でグラフが描かれます。
b0201522_1284485.jpg

           図7 右下に伸びる軸がxで右上方向がy、上方向がz軸
立体的に「リンゴの皮」構造がわかりますね。しかし三次元と言ってもそもそも画面は2次元ですから、ちょっと視点を動かさないとわからない。なので少し視点を変えたグラフ(図8、図9)を見て感じをつかんでください。
b0201522_121049.jpg

b0201522_12182492.jpg

左回りにぐるぐると螺旋を描いていることがわかります。さて、z=0の平面で切るとその平面上に切られた曲線が点として現れます。この平面は図2と等しいことがわかります。
  つまり、図2はフィボナッチ数列の裏に隠されたほんの一部の姿でしかないということです。曲線が実数の平面に交わる点が我々が見ることのできるフィボナッチ数列の整数列となる。
ここまで長い記事になってしまいましたが数列の見方がちょっと変わったんじゃないでしょうか。』
ここまで、「大学入試問題を考える by ミノー+さん」より、引用しました。詳しくは、下記アドレスへどうぞ。http://mino-mathematics.blog.so-net.ne.jp/2010-07-01
  大変難しい数列でしたが(私、自身の理解が不十分なので申し訳ありませんが)、フィボナッチ数列の不思議さの一端が解って頂けたのではないでしょうか?この数字が、自然社会、人間社会を支配しています。勿論、競馬も支配しているはずです。確信しています。fineteqintでした。

by fineteqint | 2011-08-29 12:16 | Trackback | Comments(0)

図6について

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 

『 図5の原点付近を拡大。
b0201522_1591751.jpg

図6 -3≦x≦3 xの間隔0.01
 面白い形です。x=-3のとき(2,0)ではじまり、180度左回りして(-1,0)。これを繰り返して、(2,0)→(-1,0)→(1,0)→(0,0)→(1,0)→(1,0)→(2,0) フィボナッチ数列ですね。特に1から1へのくるっと回るところが面白いですね。フィボナッチ数列の裏の構造がわかってきました』。ここまで、「大学入試問題を考える by ミノー+さん」より、引用しました。詳しくは、下記アドレスへどうぞ。http://mino-mathematics.blog.so-net.ne.jp/2010-07-01
  本日は大きいのを1つ取り逃がしたフィボナッチでした。反省。 by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-08-29 02:02 | Trackback | Comments(0)

8.28 回顧・反省 釣り逃がした魚は大きかったの巻

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 

新潟7R ③、(13番人気2着複勝2,370円)、⑮
b0201522_0522772.jpg
 
  大穴馬ゲット。吃驚ですね。前日オッズでは単勝16.3倍でしたが、確定単勝オッズは109.2倍で、複勝2,370円ですから。

新潟11R ①、(9番人気2着複勝590円)、⑪
b0201522_0542751.jpg


惜しかったのは、新潟9R ②、③、⑨。シート上は、⑨、③、と赤字反転しているのに、最後の判断で⑤と②を入れ替えてしまったのは痛恨の判断ミスでした。
b0201522_0532544.jpg


他に、気になった馬の中からは以下のとおりです。
札幌10R ⑩トレポーネ(5番人気3着複勝240円)
新潟 7R ⑥キッズチェイサー(3番人気3着複勝210円)
新潟12R ②カントリースノー(3番人気2着複勝190円)
小倉 9R ①マイネマオ(3番人気1着単勝1,090円)
  以上、本日はイマイチの競馬でした。 詳しい検証は近いうちにします。 by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-08-28 14:24 | Trackback | Comments(0)

フィボナッチ数列  5について

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
 
チョット休憩。「複素平面上でのフィボナッチ関数」について
  『今度は複素平面上でどのように動くか見てみます。つまり、横軸がRe(F)、縦軸がIm(F)。ここでxは媒介変数となり、グラフ上である点の時xの値が何であるか明示できないことに注意して下さい。
図5 -7≦x≦7 xの間隔0.05。xは反時計回りで回転しています。 』
b0201522_5472738.jpg
 
  ここまで、「大学入試問題を考える by ミノー+さん」より、引用しました。詳しくは、下記アドレスへどうぞ。http://mino-mathematics.blog.so-net.ne.jp/2010-07-01
  フィボナッチ数列の不思議さだけが際立ってきています。馬券を構築するときの頭の中の思考過程みたいですね。これをどうしても、競馬に活かしたいと考えているのですが、中々の難問です。全ての自然現象、社会現象を司っている不思議な数字なのですが? by fineteqint
人気ブログランキングへ

by fineteqint | 2011-08-28 05:57 | Trackback | Comments(0)