チョットだけ競馬を。

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


ジャパンカップ回顧

 馬券的には完敗でした。ヴエナビスタは残念でした。ローズキングダムは、3着馬のヴィクトワールピサにも多少の不利を受けてますし、それらの不利が無かったら勝っていたかも・・・・・?どうかなー。オッズ的には前日の異常オッズが当日には、整然としてました。こういう時には、大荒れか無難かのどちらかです。中途半端な予想でした。反省!今年、余り良くない武豊ジョッキーへのJRAからのプレゼントですかね。

by fineteqint | 2010-11-28 21:27 | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップ

 今日の京都11R京阪杯の⑧ケイアイアストンは前日オッズで単複とも3位ぐらいまで買われていました。終わってみれば、単複とも13位に落ち着いていました。典型的な複勝穴馬の動きでした。オッズ異常馬が多数いましたので少しだけ(複勝300円)買いましたが、鼻差で単勝47.1倍は逃しました。
 ところで、明日のジャパンカップですが、いろんな意味で異常馬ばかりです。ジャパンカップの日には様々な思惑が入り乱れているようです。断然1馬人気の⑯ヴエナビスタが勝つようだと、日本馬では④シンゲンと⑥ローズキングダム、外国馬では⑫ジョシュアツリー、⑮フィフィティプルーフ、⑱シリュスデゼーグルが付いてくると、穴馬指数は示しています。
 2番人気⑪番ナカヤマフェスタが勝つようだと、①ヴォワライシと⑤モアズウェルズ、⑱シリュスデゼーグルが付いてくると複勝穴馬指数は示しています。フィボナッチ穴馬は⑧ジャガーメイルと②ヴィクトワールピサ、⑬メイショウベルーガです。普通は、単勝1番人気の10倍までがフィボナッチ穴馬の対象ですが、今回最下位の⑱シリュスデゼーグルがフィボナッチ指数×50倍にあたります。競馬マスコミが言うほど、日本馬絶対ではなさそうですが、⑯ヴエナビスタと⑪ナカヤマフェスタから外国馬に流せば、多少面白い馬券になるのかも知れません。私は、⑱シリュスデゼーグルの複勝と、ワイド⑱→⑪、⑯で勝負です。①ヴォワライシの複勝も買っておいた方が良いかな・・・・・。

by fineteqint | 2010-11-27 18:10 | Trackback | Comments(0)

複勝馬券について

 昨日は、小難しい「透水性舗装」のコンセプトなど披露しましたが、最終的には相当面白い道路舗装を考えています。時折、発表させて頂きます。最終目標は、夏は涼しく、冬は暖かい道路であり、子供が遊べる道路、色彩豊かな歩道(基本的に道路がアスファルトの黒である必要は全く無いと考えています)。日本文化にマッチした道路(修景道路)、リサイクル骨材を使った道路などです。
 ところで、馬券ですが、私のブログは、①誰がトライしても同じ結果が得られる、②馬券推理のアルゴリズムが決まっている、③何度やっても、同じ結果が得られる、この三つを目標に、チョット馬券を科学してみようと始めたものです。グレードレースを前日に予想することが多いのですが、土日の9R以降のレースも解析・投資しています。具体的な成果として、複勝で1,000円以上、ワイドで3,000円以上を目標にしています。
 不思議なもので、複勝穴馬を分析探索していると、複勝軸馬も当然解ってきます。同様に、フィボナッチ穴馬の解析途中でフィボナッチ勝ち馬、複勝軸馬が炙り出せます。勝負馬券はフィボナッチ穴馬と複勝穴馬が一致したときが大勝負です。これ以降は、投資者の経験や知見で三連単、三連複、馬単などにトライして頂ければと思います。遊びで、私の拙い知見を入れた馬券術も記載しています。
 今週は、JAPAN CUPがありますが、外国馬の情報がすくないので、オッズがかなりの比重で馬券に影響を与えます。私、本人は結構期待しています。

by fineteqint | 2010-11-23 22:07 | Trackback | Comments(0)

透水性舗装

 馬券の投稿ばかりしていますが、本職(60歳過ぎて引退したはずなのですが)は透水性舗装の技術の普及です。と、言うよりは雨を大地へかえすことです。ブログタイトルである「水と緑と大地に」とは、人間と自然が共生することで、緑を増やすという純粋なコンセプトです。大雨のたびに道路に水が溢れ、マンホールが飛び撥ねて雨水が溢れ出るのは、全ての道路をアスファルト舗装で覆い、雨水を下水に流した結果です。雨水を大地に返せば良いのです。歩道だけでも透水性、保水性を維持していれば、大半の洪水は防げます。地球温暖化の責ではありません。だって、長い単位で見ると、地球は今、寒冷期に向かっている時期ですから。
 私は、技術屋ではないので、国土交通省の発行する高い書籍を何冊も読んで、勉強しました。国土交通省の技術屋より私の方が詳しいほどです。大上段に構える程の事ではなく、勉強したのは、ほんの3年ほどです。馬鹿でもできる、老人でも出来る簡単なことです。
 5年ほど前に、ある大学で、次世代の道路について勉強会を1年間開いた際に、その大学の教授は日本には、もう道路の専門家はいないと仰っていました。技術革新の余地が無いという意味だと理解しましたが、実際は官僚特有の自分たちが決めた規則(技術)を変えられないということだと思います。道路構造令などは、明治時代に出来たものもあるようです。今では私が、一番道路に詳しいかも(笑い)?国土交通省の言う、透水性舗装、排水性舗装とは日本の大手道路会社が施工する舗装技術ですが、実際に透水機能、排水機能が維持できるのは、1年~2年です。直射日光の熱で、ひと夏の経験で機能維持が出来なくなります。国道や県道などの大きな道路をよく見て頂くと解りますが、雨の降った後など、雨水があちこちに斑に残っています。ですから、最近は、透水性舗装や保水性舗装と言わずに、高機能舗装とか低騒音舗装と言ってお茶を濁しています。では、続きはまた。

by fineteqint | 2010-11-23 00:09 | Trackback | Comments(0)

マイルチャンピオンシップ回顧

 残念ながら、エーシンフォワードの複勝@1,070円しか取れなかったのですが、単勝@5,240円を取っていれば男の子でした。かなりの老人ですけど。
 チョット馬券を科学すると、複勝穴馬は単勝に比べ複勝の買われ方のシェアが高く、対単勝のシェアは普通1.5倍以上です。注目すべきは、複勝の順位が締め切りに向かって下がってきます。GⅠは前日オッズで予想しますので、最初のうちは複勝の順位が単勝の順位より買われていて、その日のうちに値を消す(順位を下げる)馬が複勝穴馬です。昨日のエーシンフォワードとガルボがそうでした。ダミーは逆に、時間の経過につれて、複勝順位より単勝順位が高くなるか、高いままの馬です。一見すると、ダミーの方に手が出てしまいます。前日オッズでは、ワイルドラズベリーとティエムオーロラが典型でした。私が本命にしたライブコンサートは、エーシンフォワードと同じ動きでしたが、内枠の分こちらを軸穴にしました。サブレザは、クビ、ハナ、ハナで残念でしたが、勝負の世界はそういうものです。ダノンヨーヨーは予想通り、勝ちはしませんでしたが、立派な競馬でした。ゴールスキーも前日オッズで注目していましたが、前日では単勝2番人気で複勝は10倍ぐらい付いてましたが、6番人気におちつきました。サブレザ、ダノンヨーヨー、ゴールスキーは複勝に指示された軸馬です。勝ち馬は色々な検証方法があるのですが、また改めて、書きます。私のブログを見ていてくれる人がいることを期待して。少頭数の競馬でブービー人気やラスト人気が複勝に絡みます。
 単勝オッズは未だ、科学できていないのですが、単勝1番人気の2倍、3倍、5倍、10倍に区切りを入れ、その区切りの前馬(フィボナッチ馬)と、その前々馬(フィボナッチ穴馬)がフィボナッチ注意馬です。この2倍、3倍、5倍、10倍はJRAの1等賞金100に対する、2位40%、3位25%、4位15%、5位10%に多少関係しているようです。フィボナッチ数列は、馬連、馬単、三連福、三連単でも援用可能なようですが、未だ、奥が深く手が回りません。フィボナッチ数列を馬連に使用したのは、オッズポイントで有名なトータライーザー社だと思います。本日は、チョット、馬券を科学してみました。では。

by fineteqint | 2010-11-21 23:41 | Trackback | Comments(0)

11月21日 マイルチャンピオンシップ

 いつになったら馬券が取れるのか?自問自答の毎週末です。それでも、いつものように複勝オッズの歪みとフィボナッチ穴馬を検証します。前日オッズで異常な動きは⑮ゴールスキーです。複勝に妙味ありですが、明日には落ち着いてくると思います。勝ち馬的な動きは⑮サプレザです。⑧ダノンヨーヨーは全く逆の動きで、勝ちはなさそうです。騙しの穴馬的な動きは⑪ワイルドラズベリーと⑤ティエムオーロラの2頭。確信的な複勝穴馬はショウワモダンなのですが、使われ方に疑問が残ります。重馬場上手からマイル専用馬に転換できたのに、秋の天皇賞を使った時点でこの馬は終わった様な気がします。オッズを分析しているのに、使われ方を云々するのは如何なものかと思いますが?
 狙いは、フィボナッチ穴馬の③ライブコンサートと、複勝穴馬である⑭ガルボ、⑬エーシンフォワードです。馬券では、③、⑬、⑭から⑯サブレザへのワイドと③、⑬の複勝を買います。

by fineteqint | 2010-11-20 18:45 | Trackback | Comments(0)

11月14日 エリザベス女王杯

 前日の複勝オッズで変な動きをしていたのは、⑭アースシンボル。⑭の複勝と、②セラフィックロンブ、⑦サンテミリオン、⑯アーベイのワイドで勝負。狙い過ぎか?
 ⑤アパパネは強いが、眼に見えぬ疲れがあるかも知れない。今まで戦ってきた相手と、背負った重量を考慮すると、外国場の⑥スノーフェアリーが一番強いと思っていますが、敢えて人気の無い方の⑯アーベイ(外国参戦馬は人気の無い方を買うのが馬券の鉄則)を選択。②セラフィックロンブと⑦サンテミリオンも複勝オッズでチョット変な動きがあります。明日は荒れると読みました。では。

by fineteqint | 2010-11-13 21:20 | Trackback | Comments(0)

11月7日 アルゼンチン共和国杯 GⅡ

 来週からGⅠが年末まで続くようなので、今週はGⅠの谷間と言うそうですね。アルゼンチン共和国杯は前日オッズが手元にないので、フィボナッチ穴馬と複勝穴馬が解りません。気になる馬は、4番スマートステージ、5番エアジパング、6番シグナリオ、7番コスモヘレノスです。本日の東京メイン1,600m芝のレースは1番~5番が掲示板に乗りましたね。明日も、内枠から穴馬が出そうな気がします。1枠の1番スリーオリオンと2番トーセンジョーダンが主力で、前述の4頭へ3連複、3連単が今のところの私の馬券です。好い加減に当たらないと、Blogを抹消されそうな気がします。

by fineteqint | 2010-11-07 00:55 | Trackback | Comments(0)