フィボナッチ馬券

<   2010年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


天皇賞回顧

 ヴエナビスタは強かったですね。惜しかったのは、エイシンアポロンがジャガーメイルに前をカットされ、そのジャガーメイルも前が詰まって惨敗でした。内枠のリスクを◎と▲が避けられなかった時点で天皇賞は終わってしまいました。愚痴ってもしょうがないですね。今年の3歳馬は強い、特に牝馬は強いですね。牡馬も強いですが、ヴェエナビスタのようなオールラウンド型はいません。脆さを併せ持った過保護的な、お坊ちゃま牡馬が多い印象です。明日の府中に一発勝負を掛けていますが、余り当たらないので、発表は控えます。当たらない馬券を公開しても意味ないですよね。では、また。

by fineteqint | 2010-10-31 23:30 | Trackback | Comments(0)

10.31天皇賞秋(当日)

 天候が回復し、府中は内枠の馬が断然有利になりました。また、今週からCコース採用なので、内枠・先行馬を中心に馬券を組み立てたい、と思います。◎は③ジャガーメイル、〇は②ブエナビスタ、▲③エイシンアポロン、×⑥スマイルジャック、△⑯キャプテントゥーレ(外枠だが有力な先行馬)、⑩シンゲン、⑫アーネストリーを追加で買います。昨日は、馬券を当てたいために、置きにいった感があります。反省!

by fineteqint | 2010-10-31 10:35 | Trackback | Comments(0)

10月30日 天皇賞(秋)

 今日は、台風の影響で府中開催が月曜日に順延になりました。明日の東京府中の馬場はどうでしょうか?前日オッズによる、フィボナッチ穴馬+複勝穴馬のダブル穴馬はネヴァプションです。この他に単独のフィボナッチ穴馬にはスーパーホーネット、シルポート、ショウワモダンです。一方の単独複勝穴馬はエイシンアポロン、ヤマニンキングリーなどです。などと言うのは、コスモファントム、トウショウシロッコ、オウケンサクラの3頭は、下位馬に良く露出する複勝穴馬で、無視しても構わない(?)人気薄の馬たちだからです。単勝は無理だが、間違って3位までに入るかも知れないと思われて買われている人気薄馬です。
 複勝穴馬と言うのは、もっと積極的に3位までに入ると思われて買われている馬のことです。単勝の投票シェアより、1.5倍以上に複勝シェアが高い馬です。でも、本日、福島の10Rで10頭だての9番人気馬が3位に入っていますので、一概には無視もできないのですが、G1ともなればそう簡単には上位に入ることはできません。下位の複勝穴馬が馬券になるときは、極端なレース展開になったときに現れます。重馬場とか、超ハイペースだとかになったときです・・・・。チョット待てよ、明日がそうなのかなーッ?
 そう考えると、内枠に入ったオウケンサクラには少し、食指が動きますね。逃げ馬のシルポート、重馬場で参戦してきたショウワモダン、中山巧者のネヴァプションにはチョットお勧めできません。シルポートの後につける2~5番手のエイシンアポロンが、現在のところの私の穴軸馬です。明日の馬場を見て、再検討ですね。では、また。

by fineteqint | 2010-10-30 19:25 | Trackback | Comments(0)

10月24日 菊花賞回顧

 ⑫ビートブラックの複勝1,150円以外は全滅でしたが、かなりの損失を補填できました。府中に代ってから、複勝穴馬とフィボナッチ穴馬が全く機能しません。チョット自信喪失中です。本日は、京都8Rがフィボナッチ穴馬で1位、2位、3位が決まりましたが、それ以外は全く駄目でした。先々週はオッズのクラスター分析を試みましたが、あまり良い結果ではありませんでした。
 手がかりが無く、暗中模索の状況ですが、根気強くフィボナッチ穴馬+複勝穴馬のダブル穴馬を狙って、来週の天皇賞に再チャレンジといきますか。夏開催と中山開催は50%以上の確立で馬券が取れたので、ここは、忍の一字ですかね。

by fineteqint | 2010-10-24 23:41 | Trackback | Comments(0)

10月23日 菊花賞

 全く、解りません。先週は失敗しましたが、毎年、秋華賞は1,000万クラスの勝ち馬が馬券になり、菊花賞では1,600万クラスを勝ち上がった馬が馬券候補のはずなのですが、今年は該当馬が1頭もいません。ところが、札幌日経オープンを勝った⑮トウカイメロディがいるので、これが軸で良いのではないでしょうか。フィボナッチ穴馬+複勝穴馬(前日オッズ)は②レーヴドリアン、⑧トレイルブレイザー、⑫ビートブラックです。
 明日の天候は、雨の予報ですので重馬場上手の⑰アロマカフェ、気になる③クォ-クスター、⑥ビッグウィーク、人気の⑩ローズキングダムなどが一応、私の馬券候補です。馬券的には⑮トウカイメロディと②レーヴドリアンの馬連、ワイドと⑰アロマカフェを加えた、三連複・三連単でいくつもりです。でも、先週は「かすり」もしなった程の馬券下手なので・・・。(どれだけ、下手なんだよ、と自虐しているもう一人の私がいます。土曜日の複勝も全滅でした!!)

by fineteqint | 2010-10-23 19:30 | Trackback | Comments(0)

10月17日

 本日の秋華賞は、全くの見当違いでした。ガチガチの本命サイドの馬券でした。素人の馬券予想なんて、こんなものですかね。反省。でも、アパパネは強かったですね。この馬主は、ディープインパクトに続いて牝馬クラシックでも3冠馬を所有したことになるそうです。イギリスでは、首相になるよりダービー馬の所有者になる方が難しいと言われているのですが、牡馬牝馬の3冠馬のオーナーとは凄いですね。

by fineteqint | 2010-10-17 21:21 | Trackback | Comments(0)

10月16日

 明日のG1秋華賞で気になる馬は⑪エイシンリターンズと⑥コスモネモシンの2頭。前日のオッズで単勝シェア以上に複勝が買われている馬です。基本的に、⑮アパパネが圧倒的な1番人気(特に、単勝が買われている。)なので、他の馬は殆ど複勝の方がシェアが高くなります。
 今までの秋華賞を振り返ると、古馬戦1,000万クラスを勝った馬は、ここで勝負になるはず。今回は、②ベストクルーズ、④アプリコットフィズ、⑦レインボーダリア、⑫アンティフリーズと前レースで負けていますが①レディアルバローザの5頭が1,000万クラス(GⅢ勝ちもある)です。馬券候補が多過ぎるので困ります。
 話は変わりますが、本日、東京2Rと3Rで単勝万馬券が2本出ています。明日あたり、京都で大万馬券が出そうな予感がします。先週の東京開催が穏やかな競馬だったので、先入観ですが秋華賞は荒れると感じています。となると、⑮アパパネは馬券にならないのではないか?それに、④アプリコットフィズはどうか?⑤サンテミリオンは何故こんなに人気がないのか?明日、オッズをみてから考えますか?

by fineteqint | 2010-10-16 21:07 | Trackback | Comments(0)

10月10日

毎日王冠
 東京開催の初めは荒れると、巷間言われております。本日は、無難な1日だったので、明日に期待します。先ず、毎日王冠は、強い三歳馬だけで良いとおもいますが、G1馬もいますし、コース巧者の古馬もいますので、③-⑦⑩-⑤⑧⑨で行きたいと思います。上位三頭は複勝が単勝より前売りで売れている馬たちです。紐に、G1馬⑤ショウワモダン、東京巧者の⑧トウショウウエイブ、必ず追い込んで届かない⑨スマイルジャックでどうでしょうか。
 平城京ステークスは天皇皇后両陛下のご臨席がある2010年10月10日に開催される平城京遷都祭に因んだ今年だけの競馬。こちらは完全なるサイン競馬で攻めてみる。セント君の赤っぽい服装は、イタリア語のロッソに近いと言うことで、⑬ロッソトウショウ、10年10月10日を記念して⑩スーサンラーダー、漢字の中に十のある②ティエムザエックウス(木原調教師)、⑥メイショウタメトモ(古川騎手、武田調教師)、先の⑩スサンラーダーの和田騎手。⑬ロッソトウショウの飯田騎手、土田調教師そして最後に⑮ミッキーバラードび内田騎手と同枠⑯パーオウルアカデミーの飯田調教師、なんだか凄く多くなってしまいましたふが、⑬-⑩-②、⑤、⑥、⑮、⑯の三連複単フォーメンションいかがでしょうか?
 京都大賞典は軽く、⑨オーケンブルースリ、②メイショウベルーガ、⑪ファゲッタブル、⑤シルクネクサス、①ゴールデンメインと「ル-」又は「ル」でせめてみます。⑨②の馬単裏表、②⑨二頭軸の①⑤⑪への三連複フォーメーションで行ってみます。
 閑話休題 透水性舗装は籾がらを使った舗装に決まったようです。海外のことなので、現場を見ないとよく、わかりません。年末までに仕事になれば良いとするか?

by fineteqint | 2010-10-10 00:19 | Trackback | Comments(0)

10月7日 競馬研究

 現在、検証中のフィボナッチ穴馬(特に5倍、10倍)とフィナボッチ軸馬(特に1倍、2倍、3倍)と複勝穴馬(複勝シェア>単勝シェアで1.5倍以上、出来れば2倍近くの穴馬が望ましい)が合致すると馬券になります。殆ど馬券なります。ならない場合は、複勝シャアの絶対数が少ないか、1%~3%のシェアの場合です。この場合、とてつもない大穴馬が稀に生まれますが、馬券になるまでに投資資金を失くしてしまいます。ところで、最近気づい穴馬研究に2点程新発見ありました。
①単勝、複勝のシェアが双方20%超の場合には軸馬になる。但し、結構、裏切られます。多分、3番人気までのシェア50%とかフィボナッチ指数で3倍までの範囲に入っているなどの条件が必要かと思います。
②上位単勝人気場の中で始めて複勝シェアが単勝シェアを上回った馬券は軸候補になる。これも、①の条件が後押ししてくれれば、文句なしです。
 昨日、閃いたのですが、単勝シェア、複勝シェアが富士の形にきれいにマッピングできるときには、その中心付近に①着、②着、3着場が配置されているケースが多多あることに気付きました。今までも、結果論では、様々なソーティングを行えば①②③着馬が近付いている事は解っていましたが、結果を見る前に大体の①②③着馬が収斂するのに成功したのは、馬券研究に大きなツールになるような気がしています。
 詳しくは、追って徐々に解明していきます。

by fineteqint | 2010-10-07 05:16 | Trackback | Comments(0)

10月7日 競馬研究

 現在、検証中のフィボナッチ穴馬(特に5倍、10倍)とフィナボッチ軸馬(特に1倍、2倍、3倍)と複勝穴馬(複勝シェア>単勝シェアで1.5倍以上、出来れば2倍近くの穴馬が望ましい)が合致すると馬券になります。殆ど馬券なります。ならない場合は、複勝シャアの絶対数が少ないか、1%~3%のシェアの場合です。この場合、とてつもない大穴馬が稀に生まれますが、馬券になるまでに投資資金を失くしてしまいます。ところで、最近気づい穴馬研究に2点程新発見ありました。
①単勝、複勝のシェアの双方が20%超の場合には軸馬になる。但し、結構、裏切られます。多分、3番人気までのシェア50%とかフィボナッチ指数で3倍までの範囲に入っているなどの条件が必要かと思います。
②上位単勝人気場の中で始めて複勝シェアが単勝シェアを上回った馬券は軸候補になる。これも、①の条件が後押ししてくれれば、文句なしです。
 昨日、閃いたのですが、単勝シェア、複勝シェアが富士の形にきれいにマッピングできるときには、その中心付近に1着、2着、3着馬が配置されているケースが多々あることに気付きました。今までも、結果論では、様々なソーティングを行えば①②③着馬が近付いてくる事は解っていましたが、レース結果を見る前に大体の①②③着馬が収斂するのに成功したのは、馬券研究に大きなツールになるような気がしています。
 詳しくは、追って徐々に解明していきます。

by fineteqint | 2010-10-07 05:16 | Trackback | Comments(0)